た ゆ た う 。


山本朝海の揺蕩う日。 
by asami-yamamoto

ばいばい12の月

大晦日ですね。

携帯電話を、デパートのエレベーターの、扉の隙間に落としました。
アクロバティックだった。わたしの携帯。
音もなく闇に消えてゆきました。
というわけで、こんな年の瀬にわたし電波が繋がりません。
明日の夕方までには復活させる予定。どうにかこうにか。
2、3階分は落ちてったはずなので、大破してるかもしれません。
粉々だったら面白い。
誰が見てるかわからないけど、わたしの番号を知っている皆々様。
データ飛んだら、助けてください(笑)。

こんな日にこんなことがあるなんて。
ほんの小さな数センチに吸い込まれちゃうなんて。
一年分の厄落としということで、
きっといろんなもの、持って行ってくれたと思うんだ。
ありがとうよ、電話さん。


そんなこんなで、2009年。
いつもいつも一番濃く思うのは、幸せなのか不幸せなのか。
うーん、やっぱり幸せかしら。
生きてるんならね。


訃報が多い年でした。
いのちの境目ってなんだろうと、たくさん考えました。
だけどそれはとてもあやふやで、
わたしの中で誰かの中で、
息をし続けるものだった。
わたしたちは間違いなく、
人生の先輩方のいのちで作られている。
そんな当たり前の事を、実感する年でした。


そして唄いました。ようやっと唄いました。
ずっとあわぶくのように、溢れ出てしまっていた気持ちを。
自分の手足で唄いました。
流れ出した気がしました。
水が動き始めた気がしました。
大切なことだった。

弾き語りで唄い始めました。
一年経ったというのにも関わらず、まだまだまだまだ過ぎるけど。
弾くと決めて良かったと思う。
コンプレックスは消えるものじゃないけど、
生まれて初めて、ピアノを弾くこの手があって良かったと思った。
だって紡いで行けると思った。
ちいさな唄を、それでもわたしは。


*****


本当に欲しいものは、欲しがらなくっちゃだめなんだってこと。
24年間生きてきて、わたしは初めて知りました。
それは本当に欲しいものが、今までずっと手のひらにあったということだ。
なんてぬくぬくと生きてきたんだろうと思いました。
そしてこんなに強く想う気持ちが、この世の中にあるなんて。
そんなことですらわたしは知らなかったのでした。

こんなに大切なこと、知らないままでいなくて本当に良かった。
傷つけなくちゃわからないことも。
傷つかなくちゃわからないことも。
知らないままで居たかったと、ずっと思っていたけれど。
そんなことはなかったんだね。


周りはとてもあたたかくて、
いくら思っても足りないくらいに恵まれていて、
顔はほころんでしまうけど、
笑ってもらいたいな。
いつも優しすぎる人たちに。
荒削りでも、恩返しをしたいのです。
いつも本当にありがとう。


時間はいつも今だって、さらさらと音を立てて流れてゆきます。
いつも今日より少し後ろを歩いていました。
見えない未来が怖くて、ただ見えるだけの過去を眺めていました。

明日がわからないのは、きっと悲しいことじゃないんだよ。
明日がわからないから、今日もわたしたちは夢を見る、
明日も、明後日も。
わたしが考えていたよりずっと、
多分人って強いんだ。

それはわたしが今、しあわせだから言えることなのかも知れない。
それはわからない。
だけど、だけど、今強くそう思うから。
そんな今が、わたしは本当に欲しかった。

すべてにありがとうを。


2010年になったらすぐに、25歳になります。
強く優しく逞しく。
しなやかな女になりたいです。
そろそろなってもいい年齢かと(笑)。
がんばろう。
大切なものを大切にします。
どんだけ大切か。こころに留めて生きたいです。


改めまして皆々様へ。
いつも本当にありがとうございます。
おかげさまで唄えてます。
どれだけ心強いか。どれだけあたたかいか。
返せるわたしになりたいです。
頑張るからね。
2009年、本当にお世話になりました。
不束者ではありますが、
2010年も、どうぞよろしくお願い致します。
良いお年を、お迎えくださいね。


さぁ、
小さく生まれ変われる日がやってきますよ。
何も変わらないのは世界の方です。

つるんと空が変わるのを、
今年もしっかり見詰めましょうね。
ね。
[PR]
by asami-yamamoto | 2009-12-31 02:57
<< 明けました ありがとうございました。 >>


◆official web site◆

*NEXT LIVE*

coming soon…!!
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧