た ゆ た う 。


山本朝海の揺蕩う日。 
by asami-yamamoto

西日の差し込んだ真っ白い廊下は

病院のなかみたいで胸がぎゅっとしました
かなしくないのにかなしくなりました

埃のつぶがきらきらひかるので
時間が目に見えてしまいます
手を伸ばしたくなるけど
それは無意味だって知っているから伸ばさない

夜がひたひたと降りて来て白い廊下を青くして
それを朝がまた白くするのを繰り返す
そうしているうちに少しずつ季節が冷えていく

変わらないものと変わりゆくものがうねっている
ぎりぎりの糸はただ今を今で居させているだけです

でもそれが美しくって
美しくって仕方が無いんだ

あたしの目にはもう
[PR]
by asami-yamamoto | 2008-10-31 01:03
<< イヴの日はちょっと唄うのだ 脳内ライブを >>


◆official web site◆

*NEXT LIVE*

coming soon…!!
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧